LOG IN

僕らが旅に出る理由。

by いぶし銀。

涼やかな青春の光景

ちょうど1990年代の半ばから後半にかけて青春時代(大学時代も含めて)を過ごした人にとって、このタイトルは一度くらいは聞いたことがあるのではないだろうか。

そして1990年代初頭に青春時代を過ごしていた人には「フリッパーズ・ギター」という名前に聞き覚えが有るのではないだろうか(「予備校ブギ」というドラマの主題歌としても知られているけれど)。

たぶん、元祖「王子キャラ」としてキャラを確立した小沢健二が、こんな涼やかで、ちょっと切ない楽曲をリリースしているなんて言うのは、知らない人もいるかもしれない。

僕は大学時代に小沢健二の「LIFE」というアルバムを、それこそ針が擦り切れるくらいに聞いた。CDだから擦り切れることは無いのだけれど。今は懐かしいディスクマンにCDを突っ込んで、ずっと聴いていた。その中でアルバムの中盤から後半にかけての楽曲群で、特に僕が心惹かれたのがこの「僕らが旅に出る理由」。

「僕が旅に出る理由はだいたい100個くらいあって」という歌詞から始まるくるりの「ハイウェイ」という楽曲も、少なからずこの曲の影響を受けているんじゃないかな?なんて思ってみたりみなかったりしながら、当時の思いと、この曲を聴いていた時の通学電車の車窓からの風景に思いを馳せてみる。

ー小沢健二「僕らが旅に出る理由」(アルバム「LIFE」より)


いぶし銀。
OTHER SNAPS