LOG IN

風吹けばその2(違うバンド)

by いぶし銀。

風が吹けば桶屋が儲かるのではなく恋に落ちる

数日前に「風吹けば先輩」というバンドを紹介した。僕の大好きな「ココロト」のアサミヒロアキ氏が参加しているバンドだ。で、「風吹けば」というタイトルをつけた。あとからタイトルを見返して、ふと思い出したバンドがあったので、記事にしてみよう。

チャットモンチーである。

チャットモンチーといえば「シャングリラ」で大ヒットになった女性3人組のバンドである。今は二人である。

シャングリラを聞いて思ったのが、「かわいいガールズバンド」的な感じ。

その後彼女たちの楽曲をさんざん聞いて、決してかわいいガールズバンドではないなと反省した。初めて彼女たちのライブ映像を見たのは何年か前のカウントダウンジャパンフェス。年末に幕張メッセでやっているアレだ。いつか行きたいと思っている間に日本を離れてしまった(フジロックにもロックインジャパンにも行けたからいいのだけれど)。

その時のボーカル・橋本絵莉子のギターの演奏を見た時に、ちょっと鳥肌が立った。

うまいのだ。何がって、ストロークがうまいのだ。ギターソロがうまいとかそういうんじゃない(いやそれなりにうまいんだけど)。何と言っても、きっと彼女の持ち味であろう、ストロークがとにかくうまい。たぶんシャングリラをリリースした年のカウントダウンジャパンだと思うのだけれど。

それをみてゾクッとした僕は、アルバムも揃えたし、母校の学園祭で行われたチャットモンチーのライブも見に行った。久しぶりに行ったよ母校。文学部の講堂に入ったのは卒業式以来だったなぁ。

何しろ彼女たちがロックなのは、脱退したドラムに代わって入ったサポートドラマーが、

Hi-STANDARDの常岡浩介だということ。

いやーロックだわ!チャットモンチーのドラムをツネさんが叩くとは!!!(笑)

ということで、一番好きな「風吹けば恋」をライブバージョンでどうぞ。

ーチャットモンチー「風吹けば恋」(ロックインジャパンフェスティバルより)


いぶし銀。
OTHER SNAPS