LOG IN

紅白歌合戦大フィーチャー

by いぶし銀。

自虐ネタなのか、思い出美化なのか、いやどれでもない

僕はサカナクションが好きだ。「セントレイ」という曲でドハマリした。実は歌詞を見ながらじっくりアルバムを聴く、というのをあまりできていないのだけれど、やっぱり好きだ。(ちなみに大好きなSUPERCARも歌詞を見ながらアルバムを聞いたことは殆ど無いのだけれど)

サカナクションはMVが凝っているというのも好ポイントだ。曲調によくあっていて、それでいてとても凝ったMVを毎回作っている。最後には「ほほぉ、そうくるか!」と唸ってしまうものが多い。「アイデンティティ」のMVなんて「そうかっ!」となってしまうからね。

で、「新宝島」である。

大ヒットマンガ「バクマン」の実写映画の主題歌として使われているこの曲は、数年前に出た紅白歌合戦っぽい雰囲気が満載。むしろ日本の80年代あたりの歌謡曲番組のセットとダンサー、という感じで懐かしさでいっぱいである。むしろ一周回って新しい。

その中でも「そうくるか!」というポイントは結構あって、ボーカルの山口一郎くんが途中でマンガ家に扮して出てくるカットがあったり(むしろペン入れしている時点で悩んだ顔をするってあまりないよね)、去年お子さんを出産されたベースの草刈愛美さんが子守りをしているカットがあったり。

まぁ一番「そうくるか!」と思ったのは一番最後のシーン。メンバー全員がMacBookの前に立ってガッツポーズという、分かる人にはクスリとしてしまうシーンだね。

それでは、レトロ感と遊び感満載のMV「新宝島」をどうぞ。

ーサカナクション「新宝島」


いぶし銀。
OTHER SNAPS