LOG IN

ジムノペディ

by いぶし銀。

と言っても、ピアノ曲ではなくてですね

僕の好きなバンドの一つ、藍坊主。ちょうどYouTube流してたらこれが出てきたので書いてみたいと思います。

藍坊主というバンドの由来を聞くとずっこけてしまうのですが、もともとブルーハーツが好きだったという彼ら。パンク要素とかはちらほら入りつつ、デビュー当時は青いメッセージ性の高い曲が多かったと思います。「春風」とかね。「殴れ」とかね。

で、この曲の入ったアルバム「ハナミドリ」あたりからすごく「こなれた」というか、独自の世界観を持った歌詞と曲が増えてきたのです。あれ、今日なんかですます調で書いてるな。

「ハナミドリ」というアルバムは本当に名曲揃いで、シングルだった「スプーン」や「桜の足あと」なんていうのはもうぐっと来すぎちゃって困っちゃうくらい。そして涙なしでは聴くことが出来ない超名曲「テールランプ」。さらには考えさせられてしまう「ベンチで手紙を読む老人」などなど、珠玉の名曲揃いです。ぜひ聴いて欲しい名盤なのです。

その中でシングルではなかったにも関わらず、ファンからの人気も絶大でMVまで作られ、ベスト盤にも入ってしまったのが「ジムノペディック」。僕これシングルだと思ってました。

MVも何か象徴的なのですよ。

ではどうぞ。

ー藍坊主「ジムノペディック」(アルバム「ハナミドリ」より)



いぶし銀。
OTHER SNAPS