LOG IN

ナゲット割って父ちゃん

by いぶし銀。
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINE it!

タモリ倶楽部という番組をご存知だろうか。ご存知の方は「空耳アワー」という人気コーナーをご存知だろうか。洋楽の歌詞が日本語に聞こえちゃう、というものを紹介していくコーナーなのだが、洋楽の名曲たちが多く登場するのだ。

その中でも僕が好きなのはBon Joviの「these days」という曲の「ママ、ありがとチャーハン」(探してみてね)と、もう一つ。

この曲だ。

この曲は政治的メッセージ性の非常に強いバンド、rage against the machineというバンドの代表曲、「Killin' in the name」という曲だ。レイジといえばチベット解放運動にも参加しているし、反戦コンサートと開いたり、マーチン・ルーサー・キング・ジュニアやマルコムXからも影響を受けているというバンド。ボーカルのザック・デラ・ロチャはメキシコ系アメリカ人で、確かネイティブアメリカンもルーツに持っているんじゃなかったかな。ギターのトム・モレロも「変態ギター」としてよく知られる。

そんなバンドの曲が、この扱いだ(褒めています)

ちなみにこのバンドは一度解散していて(今は復活しているが活動は停滞中)、解散前の最後のライブツアーで日本にも来ているのです。幕張メッセで行ったライブに行ったのがいい思い出!屈強な白人たちが観客席でもはや暴動を起こしていたのだけれど、吹っ飛んできた白人のエルボーを食らってコンタクトレンズをすっ飛ばしてしまったという思い出があります。おかげでアンコール全然見えなかったわ。

ーRage against the machine「Killing in the name」

ちなみにボーカルのザック・デラ・ロチャを除くレイジのメンバーは、サイプレス・ヒル、パブリック・エネミーというバンドのメンバーたちとスペシャルバンド「The Prophets of Rage」を組んでます。ザック何やってんだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINE it!



いぶし銀。
OTHER SNAPS